Johnson's HOME > Johnson's baby > 赤ちゃんのスキンケアについて > 震災に関する相談

Share this page
  • E-mail

赤ちゃんのスキンケアについて 震災に関する相談

7ヶ月。まだ軟水ありますが、今後軟水が手に入らない場合の対策を教えてください。離乳食進んでいますが、主体は母乳、ミルク(母乳:ミルク=7:3の割合)です。

母乳メインなので、離乳食+母乳とお茶で進めてみてはいかがでしょうか。

Twitterでつぶやく

11ヶ月。硬度173度の水がありますが、ミルクに使用してもよいですか。離乳食3回プラス母乳、時々ミルクをあげています。

ミルクは軟水使用をしましょう。離乳食が進んで母乳メインであれば、ミルクを無理にあげなくてもいいでしょう。

Twitterでつぶやく

1歳8ヶ月。乳児の水道水の飲用を避け、フォローアップミルクを与える場合にはミネラルウォーターで溶いた方がよいと報道されていました。乳児とは1歳までだと思いますが、我が子にフォローアップミルクを与える時にはミネラルウォーターを使用した方がいいですか。

乳児とは1歳までなので、お子さんの場合は対象外となるでしょう。年齢的にもミルクでなくて、牛乳でもいいのではないでしょうか。

Twitterでつぶやく

6ヶ月。7ヶ月。8ヶ月。調乳用としてミネラルウォーターを使用してもいいですか。

できるだけ軟水を使用してください。

Twitterでつぶやく

8ヶ月。もともとおっぱいが好きで離乳食が進みませんでしたが、震災の影響で食品が手に入りにくい上、新しいものを食べさせるにもアレルギー症状が出た際の受診に不安があるため、先に進められずにいます。

生活が落ち着くまでは現状維持でいいでしょう。

Twitterでつぶやく

8ヶ月。震災以降気持ちが晴れません。地震がきっかけで産後うつになったのでしょうか。現在、育児や家事はできており、子供への愛情もかわりませんが、震災で悲惨な状況の人がいると思うと、ライフラインが復旧した我が家で入浴するにも罪悪感があります。

様子から産後うつは考えにくいです。震災後に気持ちが晴れない人は多いと思います。精神的な緊張が続くと体にも影響するので、時には震災を忘れるような気分転換も必要です。 他人のことを自分のことのように感じられている様子ですね。そういった優しい気持ちはお子さんにも伝わっていくでしょう。罪悪感をもつ気持ちは理解しますが、ちょっと気持ちを切り替え、「入浴できてありがたい」という感謝の気持ちで過ごされるのもいいと思います。

Twitterでつぶやく

6ヶ月。地震の影響で大人の食料確保も大変な状況ですが、子供に離乳食を進めなくてはいけないと思っています。現在、手元には溶かす離乳食用のおかゆしかありません。このまま離乳食を進めて、野菜を与える時期に食料確保できない場合、 おかゆだけを与えてよいですか。あるいは、食料事情を考えて、離乳食の開始時期をずらしてもいいのでしょうか。 また、祖父母から離乳食を始めないなら、白湯や赤ちゃん用ジュースをあげたらどうかと言われていますが、特にジュース類は味覚に影響すると思い、今はあげたくありません。授乳はミルクのみです。

離乳食は6ヶ月からの開始とありますが、絶対ではありません。今はおかゆの開始が可能なら始めて、野菜類は大人の分として用意する食事の中で、赤ちゃんが離乳食としてすすめやすいおいもなどがあれば、味付けをする前に取り分けて食べさせてもいいです。ジュースは甘味があるため、積極的に勧めなくてよいと思います。

Twitterでつぶやく

5歳。保育園で被災して以降保育園に行くのを嫌がったり、テレビで放映される津波の映像の影響かお風呂を怖がったりするようになりました。どうしたらよいでしょうか。

不安を受け止めつつ、普段の生活に戻していきましょう。その過程で不安は和らいでいくと思います。保育園の先生にも協力してもらいましょう。

Twitterでつぶやく

おすすめコンテンツ

TOP